チェコは、ヨーロッパの中でも中央にある国です。

1993年までは、チェコスロバキアという国名でしたが、現在では、スロバキアを分離して、それぞれが別の国となっています。

周囲には、ポーランドやオーストリア、スロバキア、ドイツといった国があります。

内陸に位置するため、海に面している場所はありません。

首都は、プラハという都市ですが、プラハといえば観光客に人気のある場所です。

チェコには、観光スポットがいくつも点在していますが、中でもプラハには多くの観光スポットがあります。

プラハで有名な観光スポットとは、神聖ローマ帝国の面影が残る町並みです。

ハプスブルク家が栄えたことを象徴しているかのような、美しさを目の当たりにするでしょう。

チェコといえば、ビールの産地としても知られています。

博物館を観光して、現地のビールを飲んでみるのもいいですね。

ヨーロッパといえば、歴史のある建物が多く建ち並んでいる国が多いですね。

ルネサンスを感じさせる街並みもお勧めの観光スポットです。

日本から旅行に行く際は、どのシーズンを選ぶか考えてしまいますね。

プラハの平均気温は東京と比べても低くなっており、夏でも東京の5月頃の気温より低いのです。

そのため、夏休みを利用してチェコに旅行に行く場合でも、衣類には気を付けた方がいいでしょう。

半袖の衣類だけを持参してしまうと、肌寒くて存分に観光が楽しめないといったことにもなりかねません。

冬の時期に行くと、美しい風景を見ることができますが、寒さに弱い方は冬よりも暖かい夏がお勧めです。

日本との時差は、8時間あります。

サマータイムに入ると、1時間ずれてマイナス7時間となります。

サマータイムとは、欧米諸国で導入されているシステムで、日の出が早いシーズンには、時計の針を1時間進めて生活することをいいます。

日本では、サマータイムを取り入れてはいませんが、太陽の光を上手に利用するシステムとして欧米では導入されているのです。

観光スポット選びで迷ったら世界遺産を中心に巡るというプランを検討してみませんか?日本にいくつかの世界遺産があるように、ヨーロッパの国々にも多くの世界遺産があります。

あらかじめ世界遺産の概要を調べて、頭に入れてから現地で観光すると、大きな感動を味わえるでしょう。

文化遺産では、2003年に登録されたトシェビーチのユダヤ人地区と聖プロコピウス教会があります。

観光旅行に行ったら、是非押さえておきたい場所の一つです。

他にも多くの文化遺産があるので、チェックしてみましょう。